皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

証言 連合赤軍

連合赤軍とはなんだったのか? 事件から四十余年、当事者たちが語る事件の全体像。

証言 連合赤軍 連合赤軍事件の全体像を残す会 編

ご購入はこちらから

 → 正誤表

浅間山荘事件から四十余年、歴史の検証に耐えうる証言を積み重ねることで、その全体像に迫りたい。生き残ったものたちが真摯に“連赤事件”を見つめ続けた冊子「証言」総集編についに刊行。

著者・編者 連合赤軍事件の全体像を残す会(編)
発売日 2013年8月1日
ページ数 690 ページ
価格 4,700円(+税)
版型 A5版上製
装幀・造本 山崎登
ISBN 9784774404813

目次

第1章――追悼

「証言」発行にあたって

連合赤軍殉難者十七回忌合同法要

二十五年目に跡地を巡る

彼らはいかに生きたか――二〇〇三年、連合赤軍殉難者追悼の会

棺を覆いて――永田洋子を送る会

二〇一二年、連合赤軍殉難者追悼の会

浅間山荘から四十年、当事者が語る連合赤軍

第2章――証言

総括と記録(雪野建作)

わが青春の思想遍歴(雪野建作)

大菩薩への道――八木健彦赤軍派を語る

獄中の指導者――塩見孝也の証言

毛沢東派の潮流――豊浦清の証言

東大闘争を突き抜けた先に――川島宏の証言

革命左派の成立――雪野建作の証言

 

第3章――国際的背景から見た連合赤軍(パトリシア・G・スタインホフ)