皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

挿絵叢書3竹中英太郎(三)エロ・グロ・ナンセンス

竹中英太郎の新たな魅力に迫る、挿絵叢書第3弾!

挿絵画家が主役のアンソロジーシリーズ「挿絵叢書」の第3弾。『竹中英太郎』の第三弾。テーマは「エロ・グロ・ナンセンス」。「あの作家のこの作品で竹中が挿絵を?」と思うような小説を集め、竹中の新たな魅力に迫る。

著者・編者 末永昭二(編)
発売日 2016年10月30日
ページ数 256 ページ
価格 2,000円(+税)
版型 四六判並製
装幀・造本 大貫伸樹
ISBN 9784774406244

【編者】末永昭二(すえなが・しょうじ)
1964 年、福岡生まれ。大衆小説研究家。立命館大学文学部卒。『新青年』研究会に所属。著書に、『貸本小説』(アスペクト)など。この挿絵叢書の作品解説を、シリーズを通して執筆。

目次

序――浜田雄介

 

「化けの皮の幸福」水谷 準

「曲がりくねった露地の奥 ねえ!泊まってらっしゃいよ」横溝正史

「だから酒は有害である」徳川夢声

「嬲られる」三上於兎吉

「奇怪な剥製師」大下宇陀児

「世界人肉料理史」中野江漢

「のぞきからくり」水谷 準

「南郷エロ探偵社長」山崎海平

「穴」群司次郎正

きっと・あなた(誓死君) 」左手参作

「豚と緬羊」石浜金作

「復讐の書」渡辺文子

 

解説「竹中英太郎バラエティ」末永昭二