皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

歌誌 月光 54号

福島泰樹主宰「月光の会」の機関誌。松平修文追悼号。

福島泰樹主宰誌 歌誌 月光 2017年11月 No.54〔特集〕追悼 松平修文 遺構 よいちにちを 30首 松平修文 王紅花/加藤英彦/黒岩康/岡部隆志/髙坂明良/大和志保/竹下洋一/月本寿彦/福島泰樹新連載 月光残夢録 一 福島泰樹 吉田和子/髙坂明良/窪田政男/矢澤重徳/川俣水雪/冨尾捷二/颯木あやこ/鹿野氷/小川内仁美/岡 康/晴山生菜/高橋凛凛子/佐久間章孔/中田實/藤岡巧/土谷尚子/久留素子/荒井真喜子/大和志保/竹下洋一 新連載 狼たちへの挽歌 福島泰樹

ご購入はこちらから

歌人・福島泰樹主宰の「月光の会」が発行する短歌雑誌。

54号は福島泰樹新連載の短歌連作と評論がスタート。

特集では、第五歌集「トゥオネラ」出版記念会を目前に控えた2017年11月23日、帰らぬ人となってしまった松平修文氏の追悼を行う。

著者・編者 福島泰樹(主宰) 竹下洋一(編)
発売日 2018年1月31日
ページ数 94 ページ
価格 1,000円(+税)
版型 A5版並製
装幀・造本 栗原奈穂
カバー写真・
イラスト
佐中由紀枝
ISBN 9784774406534

目次

〔短歌〕

「月光残夢録 一」福島泰樹

「曼珠沙華」吉田和子

「全身で泣きじゃくる」髙坂明良

「夏の妹/冬のイカロス」窪田政男

「夜想曲 テネシーワルツ」矢澤重徳

「老杜甫の食べざるものに唐辛子」川俣水雪

「劣化」冨尾捷二

 

〔特集〕追悼 松平修文
松平修文遺構「よいちにちを」
「遺文」王紅花
「泥の林檎のゆくえ」加藤英彦
「かへせ かへせ 修文さんをかへせ」黒岩 康
「この不思議な既視感に満ちた異世界 ―歌集「トゥオネラ」を読む―」岡部隆志
「トゥオネラ・彼岸の湖沼の歌」髙坂明良
「『トゥオネラ』を読む――眠りの岸辺に佇って」大和志保
「真夜中になりをり――追悼・松平修文」竹下洋一
「弔辞」月本寿彦
「弔辞」福島泰樹

 

第五回黒田和美賞発表

 

〔短歌〕

「どしゃぶりの流星」颯木あやこ

「夏空」鹿野 氷

「座標」小川内仁美

「些末な日常 五(祖父母たちの伝言」岡本 康

「空気人形」晴山生菜

「奥の細道」高橋凛凛子

「懐かしき人々(飯沼節考)」佐久間章孔

「奄美行」中田 實

「水のおもては波だちて」藤岡 巧

「絵巻のごとく」土谷尚子

「冬陽」久留素子

「夏の影」荒井真喜子

「ユートピア・パークウェイ」大和志保

「家書家伝」竹下洋一

 

〔連載〕

〈新連載〉「狼たちへの挽歌」福島泰樹

「月光回廊01〈颯木あやこ朗読会〉ノート」川俣水雪

「詩は永遠に行為する21 言葉こそ砦②――西脇順三郎」髙坂明良

「月光シネマトーク24 百年まちのあのひと そのはち」渡邊浩史

「言霊探偵の事件簿Ⅷ」佐久間章孔

「短歌絶叫のためのフラグメンツ」大和志保

「短現代短歌歌集評4 西田政史『スウィート・ホーム』」二三川練

「コトバ数だけ数えうたの3」山崎春美

 

月光通信

月光歌筵 前号作品評 高橋凛凛子