皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

中くらいの友だち Vol.4

韓国を語らい・味わい・楽しむ雑誌、第4号!

中くらいの友だち Vol.4 韓くに手帖 『中くらいの友だち』編集部 皓星社

ご購入はこちらから

韓国を楽しみ、味わい、語り合う。対立を砕いて共感のかけらを集めましょう。驚きと笑いを肥やしに、中くらいを極めます。世界中が対立的となっていく中、私たちは友だちを大切にしたいと思っています。(「創刊の言葉」から)

今号では同人メンバーの連載に加えて、シリーズ「日韓二重国籍の子供たち」第1回、特別企画『私の息子が入隊した日』という座談会を開催。徴兵という日本のお母さんにとって未知の世界の心情を語る。
また、前号から復刻シリーズが始まっている李銀子『過去からの贈り物』は、1960年代の初頭に北朝鮮に帰国された姉について、語られることの少ない帰国者たちの物語。

著者・編者 『中くらいの友だち』編集部(韓くに手帖舎)
発売日 2018年12月14日
ページ数 138 ページ
価格 1,000円(+税)
版型 A5判並製
装幀・造本 高橋潤子
カバー写真・
イラスト
高橋潤子
ISBN 9784774406701

目次

「土偶の家族」南 椌椌

「わたしの好きなまち④/益善洞」大瀬留美子

「ソウル鞍山物語―番外編―/元NATO軍軍医、ドクター・チェ(下)」伊東順子

「過去からの贈り物②/「北」に帰ったお姉さん」李 銀子

「日本語人アッパの韓国スケッチ④/韓国ノレバン考②」ゆうき

「韓国タワー探究生活④/タワー都市・驪州の二大巨頭――驪州市・驪州洑展望台/漢江文「化館展望台」清水博之

「コプチャンチョンゴルの飲んだり、食べたり、歌ったり④Love Camp 2018〝牛島ウドストック〟」佐藤行衛

創刊一周年記念コンサート報告

「韓国で何かお探しですか?」李 薫

「シリーズ 日韓二重国籍の子どもたち「私の息子が入隊した日」座談会

「私の韓国子育て記④/オリニチプという名の天国(後編)」韓 麻木

「韓国の美味しい知恵④/朝鮮の米」きむ・すひゃん

「私のソウルものがたり④/空間舎廊で」金 利惠

「「なむ」の来歴③/がじゅまる」斎藤真理子