皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

中くらいの友だち Vol.1

韓国を語らい、味わい、楽しむ新雑誌。初版増刷決定!

中くらいの友だち 

ご購入はこちらから

最高でも最低でもない、韓国との“中くらい”の友情のかたちを探る新しい雑誌が創刊します!

執筆陣は在韓日本人、在日韓国人、仕事を通して長年韓国とかかわってきたメンバー。

詩、エッセイ、翻訳、街歩き、韓国伝統食や韓国ロックなど、ユニークな視点で韓国にアプローチ。

「韓国を楽しみ、味わい、語り合う。対立を砕いて共感のかけらを集めましょう。

驚きと笑いを肥やしに、中ぐらいを極めます。

世界中が対立的になっていく中、私たちは友だちを大切にしたい。」(「創刊の辞」より)

中くらいの友だち-韓くに手帖

中くらいの友だち 第3号はこちら
中くらいの友だち 第2号はこちら
twitter
Facebook

 

2018年4月、初版完売につき増刷いたしました!

著者・編者 『中くらいの友だち』編集部(韓くに手帖舎)
発売日 2017年4月1日
ページ数 120 ページ
価格 1,000円(+税)
版型 A5判並製
装幀・造本 高橋潤子
カバー写真・
イラスト
高橋潤子
ISBN 9784774406336

目次

「名前以外はすべてホント」南椌椌(絵本作家)

「わたしの好きなまち」大瀬留美子(在韓ライター)

「1990年暮れのこと」十五代沈壽官(陶芸家)

「ソウル鞍山物語」伊東順子(フリーライター)

「コプチャンチョゴルの飲んだり、食べたり、歌ったり」佐藤行衛(ミュージシャン)

「日本人アッパの韓国スケッチ」ゆうき(在韓日本語教師)

「かわいそうな人々」朴泰遠(作家)(翻訳:斎藤真理子)

「漢江は今朝も……」八木忠栄(詩人)

「私の韓国子育て記」韓麻木(在韓ライター・編集者)

「韓国タワー研究生活」清水博之(ソウルでカフェ経営、ライター)

「韓国の美味しい知恵」きむ・すひゃん(在韓料理研究家)

「わたしのソウルものがたり」金利惠(韓国舞踊家)

「「なむ」の来歴」斎藤真理子(翻訳者)