皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

近代出版研究 創刊号

日本近代書誌学、近代出版史成立を志す研究誌の創刊号

試し読み

〈この本が紹介されました〉

週刊仏教タイムス 2022年5月12日

「いまだ近代の書物についての知識の格納場所はない」という問題意識のもと、「日本の近代書籍についての小さい問題の登録所」として年刊研究誌『近代出版研究』を創刊します!

創刊号の寄稿者には、明治初期出版研究の泰斗である稲岡勝(元都留文科大学教授)、図書館学の田村俊作(慶應義塾大学名誉教授)、鈴木宏宗(国立国会図書館)、西洋書誌学の安形麻理(慶應義塾大学教授)、武者小路信和(元大東文化大学文学部准教授)、民俗学の大月隆寛、菊地暁(岩波新書『民俗学入門』著者)といった研究者に加え、ベストセラー『独学大全』著者である読書猿や、出版流通史家の戸家誠、弊社刊『古本マニア採集帖』に登場した書物蔵、神保町のオタ、松﨑貴之、下平尾直といった在野研究者・出版人も名を連ね、ユニークな執筆陣が揃いました!

著者 近代出版研究所
発売日 2022年4月7日
ページ数 288 ページ
定価 2000円(+税)
判型 A5判並製
ISBN 978-4-7744-0762-3

目次

巻頭言 小さい問題の登録 小林昌樹
研究座談会 明治期に活躍した出版社の近代性とは何か――稲岡勝を囲んで 稲岡勝・小林昌樹・森洋介・河原努・藤巻修一・晴山生菜・楠本夏菜
「立ち読み」の歴史――それは明治二十年代日本の「雑誌屋」で始まった 小林昌樹
来たるべき独学書史のためのプログラム 読書猿
古本の記憶 大月隆寛
“ハガキ職人系”民俗学者の奔放――宝塚文芸図書館員・辰井隆について分かったこと 菊地暁
奥付と消費税――書籍の消費税総額表示を契機に考えたこと 下平尾直
日記のすき間から掘り出す近代日本出版史 神保町のオタ
西洋初期近代における出版と読者を探るために 安形麻理
田中一貞の人柄と図書館論(前) 田村俊作
新聞濫読のすすめ 松﨑貴之
明治10年代「図書館」は「書籍館」に何故取って代ったか――「図書」の語誌に見る意味変化と東京図書館における「館種」概念の芽生え 鈴木宏宗
「幽霊版」(版数とばし)は大正初期に始まった?――フル本はルフ本 書物蔵
戸家誠著作リスト(令和四年一月現在) 戸家誠
楫取群馬県令と金港堂の『修身説約』出版 稲岡勝
書評『日本人物レファレンス事典 図書館・出版・ジャーナリズム篇』 鈴木宏宗
資料復刻 The biblio kids!――1990 年代前半の西洋書誌学通信紙 武者小路信和