皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

それでも人は生きていく 冤罪・オウム・反戦・反核

この本は私の遺言である。瀬戸内寂聴、初の社会的発言集。

それでも生きていく 冤罪・オウム・反戦・反核 瀬戸内寂聴 皓星社

ご購入はこちらから

〈この本が紹介されました〉

週刊金曜日 2013年5月24日

「思いもかけずに九十余年も生きてしまった。私にまだ定命が与えられているのは戦争を経験し、様々な歴史的事件を見てきた者として、それらをどう捕えたか、現代の人々に伝える為だと自覚する。」(序文「九十一歳の遺言」より)

徳島ラジオ商殺し冤罪事件、連合赤軍、オウム真理教、反戦、そして反核――半世紀以上にわたり小説を書き続ける傍ら、ブレることなく社会に問題提起をし続 け てきた、瀬戸内寂聴。初の社会的発言集。

著者・編者 瀬戸内寂聴
発売日 2013年5月15日
ページ数 256 ページ
価格 2,300円(+税)
版型 四六判上製
装幀・造本 藤巻亮一
カバー写真・
イラスト
宇野マサシ
ISBN 9784774404790

目次

序文 九十一歳の遺言

 

〔裁判と冤罪〕

裁判との出逢い―徳島ラジオ商殺しのことなど―

裁判への招待―尊厳な法廷・その幻影と実態―

冨士茂子さんのこと

婦人公論女性内閣方針 法は何故無力なのか――庶民の憤懣を解決する能力も権限もないのだ

女巌窟王 執念の悲願

誤審――裁くものは誰か 冨士茂子さんと共に闘った二十一年

徳島ラジオ商殺し 冨士茂子  無罪判決の意味

雪の日

冤罪・徳島ラジオ商事件と私

 

〔連合赤軍とオウム真理教〕

私の書いた死刑囚たち

編集者への手紙

公判証言

連合赤軍判決傍聴記「あなたたちの惜別の微笑を見ました」

連赤事件殉難者の御霊に

愛と命の淵に 単行本あとがき

愛と命の淵に 文庫本あとがき

死刑再開に抗議する

誰もが避難するあなたを放っておけなかった理由

永田洋子さんの病死

オウム真理教の行方

オウム裁判の危惧

 

〔反核と反戦〕

心信じるイラクの人々――春にバグダッドを思う

『先年の京から「憲法九条」』あとがき

原発事故は人災です

飼いならされた日本人よ、もっと怒りなさい!

被災地の若者の姿に日本の未来を見直しました

 

巻末対談・小林武史  今こそ本当の祈りを

解説 鎌田慧「エロスと反逆」