皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

証言連合赤軍 10 浅間山荘四十周年シンポジウム

「連合赤軍事件の全体像」を記録するための証言集、第10号

日本列島を震撼させた連合赤軍事件。彼らは何のために、学生運動・政治運動に命をかけたのか。私たちはその歴史から何を学びうるのか。事件から40年の今年、当時を振り返るシンポジウムが開かれた。
4名の当事者と司会を含む13名のパネリストによる討論の内容は、当時の状況から、組織犯罪という点でのオウム真理教との比較、事件の扱われ方の変化、さらには橋下徹にまで及んだ。10号では、約190人が集まり、5時間を超えたこのシンポジウムを完全収録。

著者・編者 連合赤軍事件の全体像を残す会(編)
発売日 2012年9月3日
ページ数 109 ページ
価格 1,000円(+税)
版型 A5判並製
ISBN 9784774404745

目次

第1部――映像でふりかえる
第2部――当事者世代が語る

・左翼のトラウマ・連赤事件を総括して運動の力に
・人を内側から捕まえる共同性の原理をいかに超えるか
・今や保守派も含め日本が連合赤軍化している ほか
第3部――連合赤軍事件が残したもの

・後世に教訓を伝えたい
・連赤事件の本質をまとめることなどできない
・連赤事件を日本的市民社会に回収する危さ ほか
第4部――若い世代にとっての連合赤軍

・連赤事件は「言葉」が暴走した事件だったと思う
・将来、史実として連赤事件が語られるようになる
・連赤事件が今の「生きづらさ」につながっている ほか