皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

学校では教えてくれない差別と排除の話

自分がされてイヤなことは他人にしない。 そんな簡単なことが、なぜできないのでしょうか?

「なぜ中学や高校で差別や排除を教えないのだろう?」という著者の素朴な疑問をきっかけに、この本は生まれた。外国人労働者、ヘイトスピーチ、そして沖縄。現代日本の差別と排除の問題を、豊富な現場での取材を元に語り、解決への道を示す。「安田浩一の仕事」の現時点での集大成。

著者・編者 安田浩一
発売日 2017年10月6日
ページ数 224 ページ
価格 1,400円(+税)
版型 四六判並製
装幀・造本 小林義郎
カバー写真・
イラスト
金井真紀
ISBN 9784774406411

安田浩一(やすだ・こういち)
1964 年、静岡県生まれ。外国人労働者問題などをテーマに取材活動を続け、『ネットと愛国』 (講談社)で2012 年の講談社ノンフィクション賞を受賞。著書に『ルポ 差別と貧困の外国人労働者』(光文社新書)、『ヘイトスピーチ』(文春新書)、『沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか』(朝日新聞出版)など多数。

目次

プロローグ
巻頭グラビア……外国人労働者、ヘイトスピーチ、沖縄
第1章 「いじめられっ子」と「いじめっ子」のはざまで
父の転勤、僕の転校、そしていじめ/いじめられっ子からいじめっ子へ/高卒後、社会運動を経て週刊誌の記者になる/ライフワークとなった「労働問題」の取材/そして、興味の対象は日本で働く外国人労働者へ
第2章 なぜ僕は差別や排除に興味を持つようになったのか
中国人実習生の実態/外国人研修制度とは/外国人を奴隷のように働かせる経営者たち/日本経済がもたらした悲劇/実習生を安い賃金で働かせる仕組み/経営者の言い分にも一理あるが……
第3章 排除される外国人労働者
外国人労働者がいなければ、日本の農家はまわらない/建前のうえでは外国人を国内で働かせない理由/技能実習制度をやめた韓国/かつて日本は外国に労働者を送りだしていた/研修生が起こした殺人事件
第4章 ある実習生が見た日本の現実
日本にうらぎられ、残念で悲しい/苦しめるのも助けるのも日本人/帰国した実習生たちの日本への思い/排除されている外国人は実習生だけではない
第5章 差別する人々との出会い
気持ち悪い人々/ネタになると思って取材したものの……/在特会とはどんな組織なのか
第6章 噴きあがるネトウヨ
暴力への欲求は、誰にでもあるものなのか/噴きあがるスイッチとは/ネトウヨに「おわり」はあるのか/大学での講演でネトウヨが僕にした質問
第7章 なぜ彼らは差別するのか
どんな気分で差別するのだろう/ 「奪われた感」を持つ人の増加/変わっていく差別のかたち/差別する側がつるむのはなぜか
第8章 ヘイトスピーチとはなにか
憎悪に満ちた言葉の暴力/ヘイトスピーチの事例/差別される側の恐怖/法律で食いとめられるのか/解消法で変わるもの/権力が迷うのはよいこと/ヘイトスピーチに対する「カウンター」とは/ネトウヨとカウンターの共通点
第9章 なぜ沖縄は差別されるのか
僕が沖縄に関わるきっかけ/露骨な差別がはじまるとき/沖縄を知らない「本土の住民」/フェンスの「内側」に囲われる沖縄/知らないことから差別がはじまる/なぜ沖縄は「土人」という言葉に敏感なのか/沖縄を伝えつづける
第10章 差別や排除とどう向きあえばよいのか
小さな正義感/学校で差別と排除をどう教えるか/差別や排除を見つめるまなざし/無知と誤解/好奇心を持つこと/差別と排除のない社会はきずけるのか