皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

挿絵叢書2竹中英太郎(二)推理

竹中が描いた珠玉の挿絵ととともに、昭和初期の怪奇小説を読む

『竹中英太郎』の第二弾。テーマは「推理」。今回は、貴重な『探偵趣味』の表紙を巻頭カラーで紹介するなど、100枚以上の挿絵を掲載し、竹中の魅力に迫る。

著者・編者 末永昭二(編)
発売日 2016年7月30日
ページ数 300 ページ
価格 2,300円(+税)
版型 四六判並製
装幀・造本 大貫伸樹
ISBN 9784774406169

末永 昭二(すえなが・しょうじ)
1964年、福岡生まれ。大衆小説研究家。立命館大学文学部卒。『新青年』研究会に所属。
著書に『貸本小説』(アスペクト)など。

目次

序―ー浜田雄介

 

「桐屋敷の殺人事件」川崎七郎(横溝正史)
「火を吹く息」大泉黒石
「渦巻」江戸川乱歩
「青蛇の帯皮」森下雨村
「芙蓉屋敷の秘密(挿絵ギャラリー)」横溝正史
「魔人(挿絵ギャラリー)」大下宇陀児
「地獄風景(挿絵ギャラリー)」江戸川乱歩
「箪笥の中の囚人」橋本五郎
「赤外線男(挿絵ギャラリー)」海野十三
「R燈台の悲劇」大下宇陀児

 

「名探偵と「初出誌からわかること」」末永昭二