皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

シリーズ紙礫7変態

書いた本人の意図とは関係なく、読むと引いてしまうような作品。それが変態小説だ!

変態=エロとは限らない。真の「変態小説」とは何か?デビュー作の『ラス・マンチャス通信』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞した作家・平山瑞穂が、一癖も二癖もある小説を選び、一冊に編集。シリーズ紙礫が本領を発揮した前代未聞のアンソロジー。平山による書き下ろし作品「果実」を含む七つの変態ワールドを、とくとご賞味あれ!!

著者・編者 平山瑞穂(編)
発売日 2017年3月10日
ページ数 348 ページ
価格 2,000円(+税)
版型 四六判並製
装幀・造本 藤巻亮一
ISBN 9784774406305

平山瑞穂(ひらやま・みずほ)
1968 年、東京都生まれ。立教大学社会学部卒業。2004 年にデビュー作の『ラス・マンチャス通信』で第16回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。著書に『忘れないと誓ったぼくがいた』『シュガーな俺』『あの日の僕らにさよなら』『プロトコル』『マザー』『四月、不浄の塔の下で二人は』『彫千代~Emperorof the Tattoo~』『妻を譲らば』等多数。

目次

「犬」中勘助
「東京日記(その8)」内田百閒
「富美子の足」谷崎潤一郎
「彼等[THEY]」 稲垣足穂
「合掌」川端康成
「果実」平山瑞穂
「夢鬼」蘭郁二郎

 

解説――平山瑞穂