皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

シリーズ紙礫10横浜

人の業が生み出す匂いのする港町で生まれた物語

かつて、この港町では、日陰を歩かざるを得ない者たちが生きていけた。 横浜--雑多なものを受け入れて、それを活力に変えながら、歴史を編んできた街。この小説群が放つ匂いは、いまも横浜の各所に、そこはかとなく漂っている。編者は、横浜出身の著述家・八木澤高明。

著者・編者 八木澤高明(編)
発売日 2017年6月10日
ページ数 328 ページ
価格 2,000円(+税)
版型 四六判並製
装幀・造本 藤巻亮一
カバー写真・
イラスト
八木澤高明
ISBN 9784774406367

八木澤高明(やぎさわ・たかあき)
1972年、横浜市生まれ。写真週刊誌専属カメラマンを経て、2004年よりフリー。アジアにおける左翼ゲリラ組織の盛衰を描いた『マオキッズ』(小学館)で第19回小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。著書に『娼婦たちから見た日本』(角川文庫)、『黄金町マリア』(亜紀書房)、『青線』(スコラマガジン)などがある。

目次

巻頭「横浜市歌」

 

「桟橋」森鷗外
「横浜租界」長谷川伸
「煉瓦女工」小池富美子
「愚連隊の仙太」北林透馬
「曙町」田中英光
「白い鎖」水上勉
「土堤」永山則夫

 

解説――八木澤高明