皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

シリーズ紙礫1闇市

敗戦後の混乱中、非合法の「闇市」で人々はどのように生き抜いたのか? 「闇市」をめぐる、はじめてのアンソロジー! !

シリーズ紙礫1闇市

ご購入はこちらから

〈この本が紹介されました〉

読売新聞 2015年9月27日

朝日新聞 2015年10月5日

東京新聞 2015年10月18日

毎日新聞 2015年11月8日

東京人 2015年11月

図書新聞 2015年12月19日

マイク・モラスキー「はじめに」より
本書は皓星社から新たに刊行される『シリーズ 紙礫』の第1巻である。 戦争末期および終戦直後の闇市をめぐる短編小説集としては、初めての試みとなる。 収録されている11篇のうち8篇が1946年から49年の間に発表されているので、 本書は主として終戦直後に書かれた文学作品のアンソロジーだと見なしてよいだろう。 …… とりわけ終戦直後、闇物資なしでは生きていけなかったということは、 老若男女を問わず、誰もが何らかの形で闇市に頼っていたということでもある。 作家達ももちろん例外ではなく、闇市の風景が描かれている作品は少なくない。…… 闇市を描いた本書の作品群はある種の窓のようなもので、その向こう側にある当時の日本社会を、 様々な角度から光で照らして見せてくれるのである。

著者・編者 マイク・モラスキー(編)
発売日 2015年8月21日
ページ数 340 ページ
価格 1,700円(+税)
版型 四六版並製
装幀・造本 藤巻亮一
ISBN 9784774406053

マイク・モラスキー
1956年米国セントルイス市生まれ。1976年に初来日し、のべ20数年日本滞在。 2013年より早稲田大学国際学術院教授。日本語の著書に、『戦後日本のジャズ文化』 『占領の記憶/記憶の占領』『呑めば、都』
『日本の居酒屋文化』など。 趣味は将棋、尺八、太極拳、落語鑑賞、そして路地裏の赤提灯探索。
本人曰く、「このジジイ臭い趣味群では、ぐんぐん高齢化する日本社会にいくらでも適応できるだろう」。

目次

はじめに

 

経済流通システム
「貨幣」太宰治
「軍事法廷」耕治人
「裸の捕虜」鄭承博

新時代の象徴
「桜の下にて」平林たい子
「にぎり飯」永井荷風
「日月様」坂口安吾
「浣腸とマリア」野坂昭如

解放区
「訪問客」織田作之助
「蜆(しじみ)」梅崎春生
「野ざらし」石川淳
「蝶々」中里恒子

 

解説――マイク・モラスキー