皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

歌誌 月光 61号

令和の時代が始まったこの国の過去と現在を、短歌で問う。

歌誌月光61号 皓星社

ご購入はこちらから

歌人・福島泰樹主宰の「月光の会」が発行する短歌雑誌。61号の特集は「日本」。

2019年5月改元、令和の時代始まる。
原発事故の汚染から、以前として故郷に帰れない人がいる。
町中の監視カメラは合法的に個人情報を収集する。
言葉と歴史は軽んじられ、問題を先延ばしにされたまま、東京五輪が近づく。
あらためて、短歌で「日本」を問う。

月光の会 http://gekkonokai.net/index.html

著者・編者 福島泰樹(主宰) 竹下洋一(編)
発売日 2019年11月8日
ページ数 76 ページ
価格 1,000円(+税)
版型 A5判並製
装幀・造本 栗原奈穂
カバー写真・
イラスト
佐中由紀枝
ISBN 9784774407197

目次

〔短歌一〕
夜の太陽――短歌絶叫版テキスト「日本」 福島泰樹
象られるⅦ 声と神話 大和志保
家書家伝 竹下洋一

〔特集 日本〕
国家からほうっておかれる選択 岡部隆志
〔短歌二〕
Sad Song 窪田政男
いつかどこかで 鹿野氷
不自由はございませんか柚子の花 川俣水雪
名無シノクニ 髙坂明良

〔連載〕
狼たちへの挽歌5――詩人阿久根靖夫へ 福島泰樹

〔短歌三〕
日本 冨尾捷二
切岸にっぽん 藤岡巧
日本 死んだ光景 吉田和子
郷愁列島

〔短歌四〕
日本 ―戦争花嫁たちは― 中田實
ほんとの法螺が無い 潮なぎさ
ねいてぃヴ・すぴーかあ 尾松亮
逝きし国の面影 馬場先智明

歌の風景 川崎秀三

〔短歌五〕
月に礼する 髙嶋和惠
日本 白地図 小河内仁美
三角形から覗く夜と昼 川崎秀三
わたしのおばあちゃん 大西いずみ
日本晴 高橋凜凜子
虎落笛 A Change Is Gonna Come (一) 渡邊浩史
本の象りⅦ 生きてゐる書物 晴山生菜

〔連載〕
月光シネマテーク31 百年まちのあのひと そのじゅうご 渡邊浩史
言霊探偵の事件簿XV「ドグラ・マグラ」始末記 佐久間章孔

月光歌筵Ⅰ 前号作品評 窪田政男
月光歌筵Ⅱ 前号作品評 綿田友恵
月光通信
編集後記