皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

ぼくの旅 ―放浪と人と絵と―

画家・宇野マサシ初の自叙伝

稀代の目利き、木村東介を唸らせた「伝説の画家」宇野マサシ。

新宿美術研究所、初めての個展、小畑延子との出会い、下町の夫婦展…。

放浪、無頼、渡世――。地を這うような「生の軌跡」を綴る。

著者・編者 宇野マサシ
発売日 2014年4月28日
ページ数 360 ページ
価格 2,600円(+税)
版型 四六判上製
ISBN 9784774404882

宇野マサシ(うの・まさし)

1948年 愛知県豊田市に生まれる。
1968年、新宿美術研究所で学ぶ。1973年~83年、紀伊國屋画廊、現代画廊、朝日アートギャラリーの各画廊で個展。1983年~94年、木村東介(羽黒洞)と専属契約。1984年~97年、松坂屋(上野、名古屋、大阪天満橋、銀座)、そごう(豊田、神戸)、大和(新潟)、三越(新宿)の各百貨店で個展。2005年、江戸東京博物館で夫婦展。2007年、アートホール神戸で夫婦展。

目次

第1章――放浪

夜汽車、そして松江

広島・流川

大阪・「ミス布施」(ほか)

 

第2章――人

気まぐれ美術館

新しい出会いと松戸のアパート

金沢・そして西成へ(ほか)

 

第3章――絵

印娑羅とブギャッティ

一枚のハガキと贋作事件

柊美術店と留置所(ほか)