皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

歌集 会津、わが一兵卒たりし日よ

月光叢書第2弾! 会津150年の悲しみを繋ぐ第1歌集

月光叢書02 歌集 会津、わが一兵卒たりし日よ 矢澤重徳 皓星社

ご購入はこちらから

「ぼくは砂を胸に流して立っている砂時計に似てただ佇っている」

津波で友を喪くした竫かなる絶唱である。同時に会津戊辰戦争の悲劇を、福島が背負い込まなければならなくなってしまった原発事故を、時代と人間との悲しみを、砂となって還元させているのである。曾祖父が戦った戊辰戦争から150年、本年は日大闘争突入50年に当たる。(福島泰樹)

150年前の戊辰戦争、50年前の神田カルチェラタン闘争、そして福島の現在を繋ぐ第1歌集。

著者・編者 矢澤重徳
発売日 2018年12月14日
ページ数 224 ページ
価格 2,000円(+税)
版型 四六判上製
装幀・造本 栗原奈穂
カバー写真・
イラスト
佐中由紀枝
ISBN 9784774406695

矢澤重徳(やざわ・しげのり)

1951年、福島県生まれ(会津若松市在住)

1990年、月光の会(主宰・福島泰樹)入会

2004年、福島県文学賞短歌奨励賞受賞

目次

会津、わが一兵卒たりし日よ
波濤/敗走/黙契/上野/待つ/帰郷

 

磐梯、母、花火
薄化粧/停電/青空/花曇

 

人生の岸辺に
坂道/声/名札/ジャンヌ・ダルク/磐越西線

 

椿坂、テネシーワルツ

夜想曲/雨/テネシーワルツ

 

跋(一兵卒の歌)福島泰樹

あとがき

 

以下、歌集より抜粋

板硝子かたかたと鳴る窓並ぶ会津連隊跡地のカフェの

折り返す人もありけり若きらの白虎の墓碑に忘れ雪飛ぶ

地吹雪に口をしっかり結びたり佇ちつくす胸のそのがらんどう

この町を出ようという西出丸椿坂は雪 さむざむと見き

堪らなくなればダリアを聴きに行く火のごとき酒並ぶ酒場へ

駅の北に磐梯山がそっと立つ仲間外れのようであったよ