皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

中くらいの友だち Vol.8

韓国を語らい・味わい・楽しむ雑誌、第8号

ご購入はこちらから

最高でも最低でもない、韓国との“中くらい”の友情のかたちを探る雑誌の第8号。執筆陣は在韓日本人、在日韓国人、長年韓国とかかわってきたメンバー。詩、エッセイ、翻訳、街歩き、韓国伝統食や韓国ロックなど、ユニークな視点で韓国にアプローチします。
前号に続き、巻頭特集は「コロナ時代の韓国で」。

著者 『中くらいの友だち』編集部(韓くに手帖舎)
発売日 2020年12月24日
ページ数 143 ページ
価格 1,000円(+税)
版型 A5判並製
ISBN 9784774407357

目次

巻頭特集 コロナ時代の韓国で
韓国タワー探究生活⑧ コロナ時代の南山ソウルタワー  清水博之 4
わたしの好きなまち⑧ アンニョン! WWW  大瀬留美子 14
私の韓国闘病記  韓 麻木 24
韓流ママさんバレーの世界  山岸由佳 37
閉ざされた国境の両側で――その後  伊東順子 46
だから泣かない  カン・バンファ 55
ちゅうとも文学館 間島紀行③  金 起林/斎藤真理子訳 60
留学生の僕が考える「韓流」と日本のこと  クォン・ジェミン 67
日本語人アッパの韓国スケッチ⑧ 愛しの大怪獣ヨンガリ  ゆうき 74
コプチャンチョンゴルの飲んだり、食べたり、歌ったり⑧
コリアン・ロック復刻盤特選! ピックアップ・レビュー  佐藤行衛 84
韓国美術行脚⑤ はんぶんの美術史  らさおらさ 96
母を偲ぶ  イム・スウン 106
柿の木  南 椌椌 116
若き日にピョンヤンでのこと  宋毅 122
1976年12月 18歳の私は厳冬のピョンヤンにいた
「ことばの杖」を求めて 李良枝―同時代を生きた友へ(後編Ⅰ)  李 銀子 133
メンバー近況 142