皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

ハンセン病文学全集 1 小説一

ハンセン病患者・元患者による作品の集大成。小説篇その1

ハンセン病文学全集1 小説一 皓星社

電子書籍はこちらから

日本文学史の書き換えを迫る。

閉ざされた園で書き継がれた作品群。質量ともに世界文学史上例を見ないハンセン病文学の集大成。

この百年の文学史に対して、もう一つの流れをつくる。(鶴見俊輔)

沢田五郎の文章は、一種の戯文調で、読む人にとっては軽い語りとも思われるだろうが、ユーモラスな味わいと風変わりな人物を描き出す筆力で、私は引きつけられた。(加賀乙彦 解説より)

編者 大岡信、大谷藤郎、加賀乙彦、鶴見俊介
発売日 2002年9月
ページ数 480 ページ
価格 4,800円(+税)
版型 A5版上製
装幀・造本 安野光雅
ISBN 9784774403908

目次

北條民雄

「いのちの初夜」「間木老人」「癩院受胎」「吹雪の産声」「癩家族」「望郷歌」

吉成 稔

「甘藷」

豊田一夫

「兄の死」

宮島俊夫

「癩夫婦」「檻のなかに」 小泉孝之「愛のかたち其の一」「愛のかたち其の二」「ビラ配り」

沢田五郎

「泥えびす」「青蛙物語」 名草良作「生きものの時」「影の告発」