皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

訴歌 あなたはきっと橋を渡って来てくれる

病いと差別の中から生まれた “命の一行詩”

試し読み

〈この本が紹介されました〉

新文化 2021年4月29日

中国新聞 2021年5月12日

信濃毎日新聞 2021年5月17日

週刊金曜日 2021年5月21日(1329号)

・熊本日日新聞 2021年5月29日

・西日本新聞 2021年5月29日

ハンセン病療養所で詠まれた作品群を「希望」「ふるさと恋し」「偏見」など 1000 のテーマで排列。短歌、 俳句、川柳のハーモニーが深い余韻を残す異色のア ンソロジー。

過酷な状況を誇り高く生き抜いた証が、 コロナに耐える私たちを励ましてくれます。

掲載作品数は約3000、作者数は約1000人です。

編者 阿部正子
発売日 2021年5月7日
ページ数 304 ページ
価格 1800円(+税)
版型 四六判並製
装幀・造本 和久井昌幸
ISBN 978-4-7744-0741-8

阿部正子(あべ・まさこ、筆名・小暮正子)
1951年生まれ。編集者として三省堂在職中に農薬やがん治療・障がい者・薬害エイズ・誕生死等の単行本や、『てにをは辞典』『敬語のお辞典』『十七季』『五七語辞典』『ことばの花』 等(以上、三省堂)を編集。
退職後は編者として『てにをは俳句・短歌辞典』(2020年)、共編で佛渕健悟・小暮正子編『俳句・短歌・川柳と共に味わう 猫の国語辞典』(2016年)、女性建築技術者の会編著『夢みる昭和語』(2017年)を出版。以上、三省堂。