皓星社(こうせいしゃ)図書出版とデータベース

植民地教育史研究年報20 教育の植民地支配責任を考える

植民地教育史研究を牽引する。20年記念号

植民地教育史研究年報20 教育の植民地支配責任を考える 日本植民地教育史研究会運営委員会(第Ⅵ期) 皓星社

ご購入はこちらから

「植民地教育」をテーマとする、唯一の学会「日本植民地教育史研究会」の年報第20号。

リニューアルした今号では、研究会の20年間の歩みを振り返り、改めて教育の植民地支配における責任を考える。

 

著者・編者 日本植民地教育史研究会運営委員会(第Ⅵ期)
発売日 2018年3月31日
ページ数 224 ページ
価格 2,000円(+税)
版型 A5版並製
装幀・造本 藤巻亮一
ISBN 978-4-7744-0660-2

目次

巻頭言「植民地教科書研究の意義―『研究年報』20 号に寄せて―」佐藤広美

Ⅰ.20 周年記念講演
日本植民地教育史研究会・創設の頃とその後(渡部宗助)


Ⅱ.シンポジウム――植民地教育の戦争責任・戦後責任

シンポジウム「教育の植民地支配責任を考える」 発題 教育の植民地支配責任とは何か―小沢有作を中心に考える―(佐藤広美)

福沢諭吉研究の現状と日本の植民地教育史研究の課題―安川寿之輔著『福沢諭吉のアジア認識』を手がかりにして―(松浦勉)

「満洲国の職業技術教育と植民地支配責任」を考える」(丸山剛史)

中学生の認識に内在する「国家の論理」(植民地主義)を相対化する授業(三橋広夫)
討論 シンポジウム「教育の植民地支配責任を考える」
Ⅲ.研究論文・研究ノート
「満洲」の国語教育実践における『満洲補充読本』の位置(宇賀神一)

Ⅳ.書評・図書紹介
根川幸男、井上章一編著『越境と連動の日系移民教育史―複数文化体験の視座』(岡田泰平)
田中寛著『戦時期における日本語・日本語教育論の諸相』(宮脇弘幸)
林琪禎著『帝国日本の教育総力戦―植民地の「国民学校」制度と 初等義務教育政策の研究―』(合津美穂)
松原孝俊監修『満洲及び朝鮮教育史―国際的なアプローチ―』 (山本一生・Ulrich Flick・山下達也)

Ⅴ.資料紹介
日本統治下朝鮮の学校経験―池明観氏の場合―(李省展・佐藤由美・芳賀普子)
満洲鉱工技術員協会編『鉱工満洲』誌目次集(1)(丸山剛史)

Ⅵ.旅の記録
台湾教育史遺構調査(その 10)(白柳弘幸)

Ⅶ.学会・シンポジウム参加記録
戦争をどう乗り越えるか―盧溝橋事件 80年国際シンポジウムに参加して― (田中寛)

Ⅷ.彙報

編集後記
著者紹介

『植民地教育史研究年報』投稿要領

CONTENTS